スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

Chapter2 「謎の2人組」

さて2回目となりましたが、1回目のやつを見てあることに気づきました。
タイトルでチャート1て書いてるのを見て、「チャートって図じゃね?」とアホなこと書いてることに気づいたのです…。
まぁ間違いすぎてはいないですが、とりあえずチャプターに変えましたので報告を( ゚д゚ )
では2回目いきましょー!

ミリーを追ってクール村に着いた。
奥の家に行くとマルトスがベッドで寝ており、横にはミリーがいた。
マルトス「近づくな!私に触れてはいけない…。」
ミリー「お父さん…。こんな時に傍にいることも手を握ることも出来ないの…?」
感染の恐れがある以上仕方ないのか…。
マルトス「ラティ君、ドーン君。娘を町まで送り届けてくれないか。」
どうすることも出来ないラティ達はクラトスに戻ることに…。

ミリー「ごめんみんな…。」
クラトスに戻ったが一人薬草を取りに行こうとするミリー
ドーン「待てよ。一人で行くつもりなのか?あんな危険な所に一人で…!」
ミリー「ごめん…。」
ドーン「元気出せよ…。俺はお前が悲しんでる顔を見るのが一番嫌なんだ…!」
ミリー「ドーン…?」
ドーン「俺はお前が…。うっ…!」
急にしゃがみこむドーン。
ミリー「大丈夫!?」
ドーン「近づくなっ!何でもないから…。」
ミリー「人を呼んでくるわ!…ラティ!!ドーンが!」
ラティを起こそうとドアを叩く。
ドーン「ちぇっ…。困った時の第一声はラティなんだよな…。」
ラティが気づき急いでドーンの元へ。
ミリー「大丈夫?」
ドーン「は?何でもないって言っただろ?立ちくらみだって。」
大丈夫なようには見えないが…。
ドーン「それより薬草取りに行こうぜ。ミリーの親父さんを助けるんだ。」
それしか方法はないので3人でメトークス山頂の薬草を取りに行くことになった。

クール村の北にあるメトークス山。
そこにはフェルウォームという魔物がおり、卵を付けられると孵化する恐れがあるので気をつけなければならない。
フェルウォームと戦いながら慎重に卵を落としながら進んだ。
山頂まで半分ぐらいのとこでまたもやドーンの様子がおかしい。
ミリー「大丈夫?」
ドーン「触るなっ!」
さっきから触れられるのを拒んでいる…。
ラティ「お前、まさか…!」
ドーン「…どうやら鳩に触った時に感染したらしいな…。だが石化は始まっていない。」
ラティ達の心配を他所にドーンは薬草を目指す。
ようやく頂上まで辿り着き薬草を発見した。
がしかし…急に目の前に2人組が現れた!
「ここに人はいないはずだったのだが…。」
「つい30分前に探査した時はいなかったのですが。」
「まぁ見られたからには仕方ない。彼らにも協力してもらおうじゃないか。」
一体こいつらは何者なのか…?
そして無事に薬草が取れるのだろうか…。

ここでチャプター2終了です(゚∀゚)
謎の2人組は何をしにやってきたのか気になりますねw
無事に薬草が取れるとは思えませんが果たして!
では今日はこのへんで~またにぃ(゚ω゚)ノシ
スポンサーサイト
01 : 44 : 39 | SO1 First Departure | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Chapter1 「平和」

クロノトリガー終わってないのに始まっちゃいました( ゚д゚ )
書くのは初代スターオーシャンです!
セカンドストーリーや3は結構有名だろうけど、初代は知らない人も多いんじゃないでしょうか?
PSPでリメイク化するということで、ここで少しストーリーを知って買ってもらえればと思います(゚∀゚)

宇宙暦346年。
今、未知の力により新しい時代が始まろうとしていた。
それは神の意思か、それとも運命のいたずらか。
それでも人類は前人未踏の地へ進む。
人は云う「宇宙は星の海」だと…。

主人公はクラトスという町で自警団員として働いていた。
名前はラティクス・ファーレンス、愛称はラティ。
友人のドーンミリーと駐屯所で仕事の準備をしていた。
ドーン「暇だなぁ。」
ラティ「暇って事は、平和って事だから。」
盗賊達が来なければ仕事はないのだろう。
ドーン「…お前、ミリーの事どう思っているんだ?」
ラティ「どうって?」
ドーン「友人として忠告しておくが、あいつはおっちょこちょいでおてんばで、気がきかなくて口うるさくて…。」
あ…後ろから…。
ミリー「…誰の話?」
ドーン「いや…その…。」
ミリー「そんなこと言ってる暇あったら仕事仕事!!」
ということで見回りに行こうと駐屯所を出た時。
「うわぁ盗賊だぁ!!」
盗賊が町にやってきたようだ!
ラティ「行くぜ!」
盗賊を数人蹴散らしたところで親玉が出てきた。
親分ベアード「情けねぇ!たった二人の小僧にてこずりやがって!」
手強かったがベアードも退け、なんとか町を守りきった。

そして次の日。
駐屯所に行くと所長から一通の手紙を渡される。
それを読むと北のクール村が高熱病で悩まされているとのこと。
早速薬草を取りに行こうとしたところ、ミリーの父親であるマルトスが行くと言い出した。
マルトスはクラトス一の法術師。
すぐに戻ってくると言って去っていった。
ところが…中々戻ってこない。
2日後伝書鳩が届き、実は恐ろしい伝染病だったことが発覚。
マルトスも感染してしまい3日もすれば石化してしまうという。
それを見たミリーはすぐさまクール村へ走っていってしまった!
ほっとくわけにも行かないのでラティ達もクール村へ行くことに!
平和だった日々から一転大変なことになってきたが、果たしてどうなるのか…。

と、ここでチャプター1終わりです(`・ω・´)
かなり最初のとこで、まだまだ物語が展開してないのですが許してね(ノ∀`)
実のところ俺もかなーり昔やっただけなので記憶がほとんどありません!
だから今現在同時進行しながら執筆しているので、間違ったことを書くかもしれませんがご愛嬌でw
では今日はこれまで~またにぃ(゚∀゚)ノシ
00 : 55 : 36 | SO1 First Departure | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

カウンター


現在の閲覧者数:

MHP 3rd

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

自己紹介

ブラック

Author:ブラック
★PSU
1th:BlackDeath(Lv 130)
2nd:Siegfried(Lv 110)
3rd:不知火レビン(Lv 73)
4th:雛形 桜(Lv 2)

PSUのことやその他の質問はメールフォームの管理人へのメールってとこで送ってください(゚∀゚)

Twitter

今日の運勢

生年月日を入力してね!

ブログ検索

最新の記事

最近のコメント

昔の記事

カテゴリー

オリコンチャート

天気予報


イルミナスの野望

真・女神転生STRANGE JOURNEY

最近のトラックバック

ブログのバナー

メールフォーム

管理人へのメール

お知らせ

このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲーム「PHANTASY STAR ONLINE BlueBurst」及び「PHANTASY STAR UNIVERSE」よりキャプチャーしたものです。

配布や再掲載は禁止されています。 及び記事に直接関係の無いコメント、トラックバックは誠に勝手ながら削除対象とさせて頂きます。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

人気ブログランキング

このブログは人気ブログランキングに参加しています!

ブログランキング

このブログはブログランキングに参加しています!クリックすることで投票出来るので、皆様清き一票をお願いします(゚∀゚)b

ブログ王

このブログはブログ王に参加しています!

ブログランキング ドット ネット

このブログはブログランキング ドット ネットに参加しています!

Blog Rank7

このブログはBlog Rank7に参加しています!

ブログランキング【くつろぐ】

このブログはブログランキング【くつろぐ】に参加しています!

【ブログの殿堂】

このブログは【ブログの殿堂】に参加しています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。